住宅 買取 

  

様々な場所

手の上の赤い家の模型

事務所を持つときやお店を開くときには一般的にテナントが必要になります。このテナントですが、最近では空きテナントが増えているようです。これは単純に企業が減少したということもありますが、自宅でできるビジネスだったり、マンションの一室をオフィスにしたりと新しいタイプの賃貸も増えているのです。これに対してテナントは様々な工夫をして入居者を集めます。例えば内装をリフォームしておしゃれなものにすることや、あらかじめ家具や電化製品を置いておくという今までにはあまりない賃貸サービスを行っています。 また、最近はビジネスも多様化し、それに合わせて企業も多様化しています。一夫テナントオーナーも例えば1週間や1か月だけテナントを賃貸契約をするなど、フレキシブルな動きをとっています。

テナントを見つける場合どうやって安く見つけることができるでしょうか。 一つ目はシャッターの閉まったお店が多い商店街のお店を借りて商売する例です。かつてはお店だった場所も赤字で撤退していく企業も多く、寂しい限りです。そこで地方自治体としては商店街を積極的に利用してもらうことにするのです。これにより今まで無駄なスペースが生きてくるのです。 もう一つは居抜きを利用します。前に商売をやってた人が店を畳んでもなお、大型の業務用冷蔵庫や業務用のキッチン、カウンターをそのまま置いてあることがあります。そこで同業者であれば特に、多少修理をしながらでも料理器具が使えるのであれば居抜きという賃貸もありです。しかも借主としては経費が三分の一で済むのです。