住宅 買取 

  

魅力の一つ

手の上の赤い家の模型

注文住宅を依頼する場合は、工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などの依頼先があり、それぞれメリットやデメリットが存在しています。 その他には、建築家に依頼する方法もありますが、建築家と知り合いでなければ依頼することが難しく、ハードルが高いと感じる方も少なくありません。 最近は全国の建築家をパートナーとして登録し、インターネットや、モデルハウスなどの見学を通して、自分に合った建築家を紹介するサービスが提供されていますので、知り合いに建築家が居なくても気軽に建築家との繋がりを持てる環境が整っています。 設計を依頼する前に、その建築家の作品や思想なども確認出来ますので、依頼する側としても安心できるサービスとなっています。

注文住宅を建てようと思った時に、その依頼先として、まず考えるのが、しばしば住宅雑誌などでも紹介されている建築家です。 ただ一般には、なかなか建築家と知り合う機会もなく、少し敷居が高いというイメージもあります。しかし、多くの建築家に聞いてみると、彼らは住宅雑誌やインターネットなどを通じて、自分たちのつくった住宅や、その考え方などを発信しながら、建て主からの問い合わせを待っています。 そういうことなので、雑誌やインターネットなどをみて、気に入った家があったり、その考え方に興味を持った建築家がいたら、気軽に電話やメールで連絡をとってみることがオススメです。 実際に会って話をしてみれば、その建築家が自分に合っているかどうか判断出来ますし、そのように一度会ったぐらいで費用を請求するような建築家はいません。